アートエデンBLOG

アプローチのデザイン①

毎日歩くのが楽しみに

エクステリアの中でも、アプローチはお住まいの顔と言われ、最もデザイン性を要求される部分ではないでしょうか。

アートエデンのアプローチの一例をご紹介します。基本的にアプローチは道路境界から玄関へ歩いて導くためのものですが、車社会の現在、そして長野県ではなおさら、駐車場とスペースを共用する場合が多々あり、そのような場合は帯のように玄関まで道状である必要はない場合があります。

たとえば下記の場合、ポイントとして玄関ポーチ付近にアクセントを持たせることでアプローチの役割を果たします

アプローチのセオリーとしてより奥深く長く見せることが良いとされます。道路から玄関までの距離が短い場合は特にそうです。

ひとつの方法として視覚効果を利用し、進行方向に対し横ラインを加えると良いです。建物外壁がツートーンならよりマッチしますね。

凝ってコテコテにデザインするのでなく、メリハリをきかせることで本来引き立たせたかった部分がより見栄えしますし、コスト管理もできます。

たとえばアプローチを前述の横ラインで区切った場合や、階段などで段差がある場合、一番道路側と玄関ポーチ側のみアクセントを設けると、それ自体がデザインとなります。

いかがですか。アプローチに用いる素材は様々。それを必要に応じてどうチョイスするかがとても大切です。

たとえばこんなご希望・ご相談すべておまかせください!

  • 四季を感じて暮らせる庭が欲しい
  • 家族でガーデニングや家庭菜園を楽しみたい
  • 本格的な和風庭園を造りたい
  • 木や花を選んでもらって自分で植えたい
  • 一年を通して庭を管理してもらいたい
  • 庭に水がたまるので何とかしたい
  • 予算は少ないけど、おしゃれな庭はできないの?
  • 庭をリニューアルしたい
  • 庭木が大きくなりすぎて不用になった
  • 害虫や病気だけ駆除して欲しい
  • 庭や通路に雑草が生えないようにしたい

お問い合わせはこちらから