アートエデンBLOG

外の水道・・・どうなってますか?

ここも大事なポイント

素敵なエクステリアを作ってお庭を満喫するのに、水は欠かせません。植物への水やりはもちろん、道具をあらったり、バーベキューの後片付けなど。

たいてい建物が引き渡しになると、外に立水栓がつくられ排水は雨水と一緒に浸透させる塩ビ管が立ち上がった状態だと思います。台所のようにそのまま流すことはそれほど多くないかもしれません。外では水やりや洗車など必要な場所に持っていって使うことが主だからです。

しかし、外水栓が玄関までの通り道にある場合もありますし、ちょこっと素敵にするとエクステリア全体の完成度がアップします。もちろん使い勝手もよくなります。

よくあるご提案パターンをいくつかご紹介します。

立ち上がりの塩ビ管に目皿と呼ばれるゴミつまり防止の網を付け、まわりをレンガやピンコロ石(御影石)などで囲う方法です。形を四角や半円、1/4円などに素材やその使う状況を考慮して作ります。

その他、既製品の受けを設置する場合もお好みで。陶器や鉄製のものもありますが、もっとも傷がつきにくいのはお風呂などに使われるFRPという樹脂素材ではないでしょうか?水栓がセットになったものも出ておりますが、長野県で気をつけなければいけないのは、不凍栓がついているものがあまりないことです。

以上がコスト、使い勝手、見栄えのバランスが丁度良い感じですが、お好みや使い方によってまったく新しい発想でご提案できます。水栓受けのみのご相談でも結構です。なんなりとご相談ください。

たとえばこんなご希望・ご相談すべておまかせください!

  • 四季を感じて暮らせる庭が欲しい
  • 家族でガーデニングや家庭菜園を楽しみたい
  • 本格的な和風庭園を造りたい
  • 木や花を選んでもらって自分で植えたい
  • 一年を通して庭を管理してもらいたい
  • 庭に水がたまるので何とかしたい
  • 予算は少ないけど、おしゃれな庭はできないの?
  • 庭をリニューアルしたい
  • 庭木が大きくなりすぎて不用になった
  • 害虫や病気だけ駆除して欲しい
  • 庭や通路に雑草が生えないようにしたい

お問い合わせはこちらから