アートエデンBLOG

生垣メンテナンス

メンテナンスフリーもいいけれど

最近は生垣を作成することがめっきりなくなりました。エクステリアの傾向が大きくメンテナンスフリーにシフトしており、芝もデッキも人工のものが主流となっております。エクステリアをご提案する立場の者からすると、世の中の流れと本来の庭の在り方のジレンマに悩むところです。

庭の存在意義は「付き合ってゆく」ことにあり、絵を鑑賞するのとは違います。よく私はお客様に植物はペットと同じで、家族が増えたと思ってくださいとご説明します。これ以上端的に庭との付き合い方を表す言葉はありません。子育てをしていて病気になったり大変な時もあるかと思いますが、共に過ごし成長してゆく過程を楽しむ方がその何十倍も嬉しいはずです。

庭は苦行を強いるためにあるわけではないので、メリハリをきかせてお手入れ不要な部分をつくることを十分考慮しておりますが、より楽しめるため、建物とちがう”庭”ならではを満喫できたらいいですね。そのためには完全メンテナンスフリーはあり得ないのです。

前置きが長くなりましたが、生垣は境界の役目として内外からの見た目、コスト防火、防風、環境保護などの面でとても優れています。手入れも松などの専門的な知識が必要な木とは違い、ご自身でも可能です。もちろん当社でも承ることも可能です。

樹種や刈込時期など詳しくはお問い合わせください。

たとえばこんなご希望・ご相談すべておまかせください!

  • 四季を感じて暮らせる庭が欲しい
  • 家族でガーデニングや家庭菜園を楽しみたい
  • 本格的な和風庭園を造りたい
  • 木や花を選んでもらって自分で植えたい
  • 一年を通して庭を管理してもらいたい
  • 庭に水がたまるので何とかしたい
  • 予算は少ないけど、おしゃれな庭はできないの?
  • 庭をリニューアルしたい
  • 庭木が大きくなりすぎて不用になった
  • 害虫や病気だけ駆除して欲しい
  • 庭や通路に雑草が生えないようにしたい

お問い合わせはこちらから