アートエデンBLOG

心のお庭づくり(前編)<アートエデンコンセプト>

“念願の”マイホームには、念願のエクステリアも必要ですね。マイホームを叶えたときの情熱をもう一度エクステリアにも是非!

念願とは字のごとく望み願うこと。それが実現させる唯一の条件です。

素敵なお庭やエクステリアのポイントはズバリ3つ。こうありたいと望む「強い思い」「緑」「共感」です!

願えば叶うあなたブランドの楽園

強い思いについて

最初から「こんなお庭やエクステリアがつくりたい」とはっきり言える方は少ないと思います。そのビジョンを描くためには色々な実際のエクステリアを見たり知ることはもちろん大切ですが、ご自身のライフスタイルを見つめなおすことが大切です。感性を磨き、趣味や仕事など日々の生活を充実させることで必要なことが見えてくるのです。

お庭、もしくは住まいをつくることは人生そのものと言っても過言ではありません。お庭が人生を充実させ、充実した人生がまたお庭の完成度を高めます。

デザイナーが提案はしますが他力本願では良いものはつくれません。

まずビジョンをさだめましょう。

そして美しいお庭は愛されて出来上がります。

お庭は例えるなら家族です。子供を育てるのに必要なものはテクニックやマニュアルではなく“愛”です。お庭も同じ。家族が成長するのを大変だといって放っておく人はいません。たまには怪我や病気など心配なこともありますが、お世話して愛することが、それよりももっと何倍も嬉しく思え、成長の経過を楽しみと思うでしょう。

本当のお庭づくりとはお庭を愛する心をはぐくむことです。

窓からの景色は癒される景色ですか?

住まいを構成する建物とエクステリア。最大の違いはエクステリアは自然との関わりなしには成立しないということです。人間自体が自然のものであり、建物で雨風をしのげば住まいといえるかといえば、それはNoです。

花の香り、木々の葉から漏れて差す光、心地よく吹く風など自然を介してお庭から得られる癒しがあってこそ人の住まいです。

ガーデン(garden)の語源はガル・エデンもしくはガードエデンであるという説があります。エデンの園を囲む、もしくは守るという意味になります。神様から与えられた豊かな緑の環境を守るという、素晴らしくて重要な意味を持ちます。

自然は人間だけのものではありませんが人間にしか守れません。壊すのも人間ですが・・・。土や水、空気、人が生きるために必要なものは全て自然がつくってくれています。

幸い日本は世界の国々のなかでも一番といえるほど四季を感じられる国です。環境の面からもデザインの面からもお庭に求められるのは緑です。緑があり愛されているお庭は、持ち主はもちろん見る者全てを幸せにします。あくまでも主役は緑で構造物は引き立て役なのです。

緑が素敵なお庭づくりの一番の先生です。絶えず価値観の変化する世の中でもお庭の意義は変わりません。

本当の幸せは日々の日常にあります

たとえばこんなご希望・ご相談すべておまかせください!

  • 四季を感じて暮らせる庭が欲しい
  • 家族でガーデニングや家庭菜園を楽しみたい
  • 本格的な和風庭園を造りたい
  • 木や花を選んでもらって自分で植えたい
  • 一年を通して庭を管理してもらいたい
  • 庭に水がたまるので何とかしたい
  • 予算は少ないけど、おしゃれな庭はできないの?
  • 庭をリニューアルしたい
  • 庭木が大きくなりすぎて不用になった
  • 害虫や病気だけ駆除して欲しい
  • 庭や通路に雑草が生えないようにしたい

お問い合わせはこちらから