アートエデンBLOG

手描きイメージ

エクステリアの持っている特性

規模の大小にかかわらずイメージは大切です。設計する立場としてはそのイメージを描いているときが一番楽しい時間でもあります。エクステリアの持っている特性として”イメージが商品”と言っても過言ではありません。その特性上、コンピュータによるプレゼン用ソフトがどんなに発達しても手描きを超えることはないと思います。

エクステリアは不思議な性質を持っています。設計によって図面をおこし、それに基づいて工事を行いますが、建物よりも何倍もイメージが大切になります。つまり平面図や立面図よりもイメージ図(パース)にウェイトが置かれます。

もちろんきちんとした図面なしに良い工事はできませんが、極端に言えば建築では10cmも寸法が違えば大変なことになりますが、エクステリアデザインでは、むしろ設計者とお施主様が望むイメージに近づくのであればその方がよい場合もあります。

諸説ありこれはアートエデンのみのお話かもしれないという前提でお話します。

まずコンセプトありきで、施工者とお施主様がイメージを共有できたら施工可能になります。施工の管理はそのコンセプトをいかにキープし続けることができるかに心血を注ぎます。イメージはお施主様との確認により役立つのです。

過去にご提案させていただいた一例です。

コンピュータによるプレゼンの精度を高めることを怠らないのは当然ですが、手描きのクオリティを上げてゆくことで、エクステリアというもののすばらしさと奥深さを実感します。

たとえばこんなご希望・ご相談すべておまかせください!

  • 四季を感じて暮らせる庭が欲しい
  • 家族でガーデニングや家庭菜園を楽しみたい
  • 本格的な和風庭園を造りたい
  • 木や花を選んでもらって自分で植えたい
  • 一年を通して庭を管理してもらいたい
  • 庭に水がたまるので何とかしたい
  • 予算は少ないけど、おしゃれな庭はできないの?
  • 庭をリニューアルしたい
  • 庭木が大きくなりすぎて不用になった
  • 害虫や病気だけ駆除して欲しい
  • 庭や通路に雑草が生えないようにしたい

お問い合わせはこちらから