樹木図鑑

ヤマツツジ(山躑躅)Rhododendron kaempferi

分類:
ツツジ科ツツジ属
サイズ:
0.5m
最終樹高:
6m
用途:
庭木

ヤマツツジ(山躑躅)の特徴

山ツツジは木立のツツジの仲間では最も背丈が高くなる。 暖地では常緑性、寒地では落葉性となる。 花期は春で、落葉樹の芽吹きに合わせて展開する。花の色は画像のようなオレンジが基本だが、 他種と交配しやすく、白、紅、それらの中間色などいろいろなバリエーションがある。 原種の花は控え目であるが、その素朴な佇まいを良しとする。

たとえばこんなご希望・ご相談すべておまかせください!

  • 四季を感じて暮らせる庭が欲しい
  • 家族でガーデニングや家庭菜園を楽しみたい
  • 本格的な和風庭園を造りたい
  • 木や花を選んでもらって自分で植えたい
  • 一年を通して庭を管理してもらいたい
  • 庭に水がたまるので何とかしたい
  • 予算は少ないけど、おしゃれな庭はできないの?
  • 庭をリニューアルしたい
  • 庭木が大きくなりすぎて不用になった
  • 害虫や病気だけ駆除して欲しい
  • 庭や通路に雑草が生えないようにしたい

お問い合わせはこちらから