trivia

将来の夢の実現に向けて

img_trivia0101
家族の夢をカタチにする念願のマイホーム。敷地探しから始まって決めなければならないことが沢山あります。間取りや外観、インテリアなどの選定は大変ですが楽しみもあることでしょう。「お住まい」をつくる上で、もう一つあらかじめ計画しておくことがあります。それは~エクステリア~お家の外回りに ついてです。

すぐに取り掛かれないこともあるかと思いますが、できれば新築時にご予算をきちんと組み込んでいただいきたいです。内容によっては後からはできな かったり、余計な費用がかかってしまうこともあります。

敷地に対して建物をどこに配置するかについて、お車を何台どうやって駐車するか、アプローチやガーデンスペースをどのエリアにするか大まかで結構ですので決めましょう。建物単体での間取りが良くても敷地の状況を考えると 検討するべきことがあるかもしれません。特に駐車スペースは建物が建ってからでは狭すぎても中途半端に広くても困ります。
img_trivia0102
おおまかなエクステリアのゾーニング 高低差がある場合、土がこぼれないように土留めをする必要があります。部分的な高低差であればそこが車の出入りの場所なのか、お庭のエリアなのかに よって対策の仕方が変わってきます。高低差がある敷地は対策に少々費用が かかりますが、やり方によって平坦な敷地より見栄えのするエクステリアとなります。

メインのお庭エリアについては、リビングからつながる外の空間をどう活かしてくつろぎの空間にするかがポイントですね。このスペースがあることが 一戸建ての醍醐味と言っても過言ではありません。四角い敷地ですと建物を北に配置し、アプローチや駐車場、お庭スペースのすべてが南側に集中してしまうことが多いので工夫が必要です。ウッドデッキの配置を想定して気になる箇所は手すりを視線隠しに用いたり、植栽を効率的に配置するなどが有効です。 ある程度はハウスメーカーで相談可能ですが、一度事前にエクステリアの専門家にご相談されることをおすすめします。プロならではのご提案がお住まいの価値をぐっと高めます。見落としていた問題点や、実用性に付加した予想のつかない見栄えのするアイディアが得られます。この時点で具体的なエクステリアプランを作成しますと将来のイメージや予算の目安もつきます。それぞれの敷地の状況や好みに適したアドバイスが求められます。結果的に“早期に、コストを抑えて”より良い住環境が手に入れられます。
img_trivia0103
具体的なエクステリア提案

たとえばこんなご希望・
ご相談すべておまかせください!

  • 四季を感じて暮らせる庭が欲しい
  • 予算は少ないけど、おしゃれな庭はできないの?
  • 家族でガーデニングや家庭菜園を楽しみたい
  • 庭をリニューアルしたい
  • 本格的な和風庭園を造りたい
  • 庭木が大きくなりすぎて不用になった
  • 木や花を選んでもらって自分で植えたい
  • 害虫や病気だけ駆除して欲しい
  • 一年を通して庭を管理してもらいたい
  • 庭や通路に雑草が生えないようにしたい
  • 庭に水がたまるので何とかしたい
  • etc...